調査の流れ

1.相談室に電話相談(受付・相談)

電話

まずは誰にも言えない不安、悩み事、心配事などの困っていることを話します。
話した相談の内容は秘密厳守の徹底で他人に伝わることはありません。


 

2.実際に会って相談(無料)(打ち合わせ)

相談

依頼人の負担を考え、都合の良い日時・場所に専門の相談員が行きます。
事務所へ直接行くことも可能です。
依頼人の悩みや心配事などの詳細を聞いたうえで、最良の解決にどうしたらたどり着けるのか経験豊富な相談員が対策や解決案をアドバイスします。


 

3.見積もり

見積もり

ベストな調査方法を提案します。調査方法や見積もりをしっかりと話し、十分納得したところで契約書を作ります。
なお、当社料金の算出方法は、経費込みの料金を提示いたしております。
提示した金額内で委任契約を締結します。
調査後の追加料金はありません。


 

4.調査を迅速に開始するために

迅速に調査するために

調査をより迅速で確実にするために、調査を依頼する時に必要となる情報(写真や参考資料など)を渡してください。

 

@調査対象者の顔写真数枚、身長・体格、普段の服装。
A勤務先住所、電話番号。
B車の車種、ナンバー、色。
C生活パターン、あやしい行動をしているのではと疑われる曜日、時間。
D思い当たる相手の氏名、自宅住所、勤務先。
E立ち回り先の店名、住所など。

 

この情報をもとに、依頼内容に応じた調査員の人数、車両、機材などを選び、現場の地理や交通手段、行動パターンを計算し調査員の配置を決めます。


 

5.調査

調査

依頼人から得た情報をもとに、速やかに内偵作戦会議を実行。
その上で、契約内容に基づき対象となる相手を徹底的に入念な調査を行う。


 

6.中間報告

中間報告

調査の進行状況や経過を、必要に応じ依頼人が確認することが出来ます。
また依頼人により調査の情報提供も可能なので、リアルタイムで調査報告することが出来ます。


 

7.調査監査

調査監査

依頼人の立場となり、補充調査などの検討をします。


 

8.依頼人へ調査報告書の交付

調査報告書の交付

調査終了後、すぐに調査内容を詳細、綿密に記載した調査報告書や証拠を撮影した写真、ビデオテープなどを提出します。
報告の際にその後の対処など相談すると、その相談に対してアドバイスします。


 

9.アフターケア

アフターケア

調査結果によっては法律的な対応が必要な場合は各顧問弁護士をご紹介します。
法律相談や調停、訴訟などの事案の手助けをするのでベストな対策を講じることができます。
また、裁判での証人出廷もするのでアフターケアも万全です。